GDPR(一般データ保護規則)におけるSSL証明書の影響について

平素はJoe’s SSL市場をご利用いただき誠にありがとうございます。

GDPR(General Data Protection Regulation:EU一般データ保護規則)が
2018年5月25日に施行されました。

GDPRの詳細はこちらをご確認ください。

GDPR(EU一般データ保護規則)の施行に伴い、SSL証明書申請の際の
ドメイン使用確認のメール認証に影響がございます。
admin、adminstorator、hostmaster、postmaster、webmasterの
一般的なメールアドレスにはメール送信を行うことができますが、
GDPR施行後は、申請ドメインのWhois情報に登録されているメールアドレスに
ドメイン使用確認のメールを送信できない場合がございます。

つきましては、ドメイン使用確認のメールが必要な認証では、
admin、adminstorator、hostmaster、postmaster、webmasterの
一般的なメールアドレスをご用意いただけますようお願いいたします。

なお、GDPRの取り決めにつきましては、未確定な内容も多くございますため、
今後もドメインの運用・管理ポリシーに変更が生じる可能性がございます。

ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。


タグ: 

コメントは受け付けていません。