SSL証明書とは

SSL証明書について

SSLとは、Secure Sockets Layer: ネットスケープコミュニケーションズ (Netscape) が開発した、インターネット上で情報を暗号化し安全な通信を提供するプロトコルの事を指し、サーバーと利用者の間のやりとりを暗号化する仕組みの1つです。ウェブサイト上でお客様からのご注文を受ける際や、個人情報を入力してもらう際など、“https://”からはじまる、ブラウザで鍵のマークが表示されるページなどでSSL証明書はよく使用されています。商用のウェブサイトでは、このSSL証明書が導入されているか否かで売り上げが左右される程、非常にスタンダードな技術です。PC、携帯電話間でクレジットカード・個人情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできます。

証明書はなぜ必要か

インターネット上での情報通信においては、やりとりを行う相手の顔が見えないことと、安全な通信であるかどうかということが問題になります。
メールやウェブサイトのフォームを使うときに、通信の特性上、情報の盗聴やデータの改ざん、成りすまし行為などの危険性があるからです。
それらの問題の発生は、企業にとって致命傷ともなる大変な問題です。
また、個人情報の保護の観点からも運営者側には情報を保護する責任があります。

そのため、SSL証明書によって情報通信の安全性を保護する必要があります。

SSL証明書ページの特長

SSLを利用したページでは、URLが「http://」からではなく「https://」から始まります。
「s」はセキュリティを意味しています。 また、インターネットエクスプローラを利用した場合、右下に鍵のマークが表示されます。