圧倒的ブランド力と、安心・安全の万全のサポート

セコム セコム
SECOM SSL

セコムの5つの特徴

ポイント1

古くからある国産のSSL証明書

国産という意味では、グローバルサインなどのGMO系の証明書より古く、そのため携帯電話対応率では上回ります。また、公開鍵が2048bitなので、2010年問題(公開鍵が1024bitの証明書は安全性の問題があるので、米国政府から2010年までに更新するように指摘されています)も解決しています。


ポイント2

有名なステッカーで安心感を与えます

ロゴやシールと呼ぶ証明書もありますが、セコムではステッカーと呼びます。サイト訪問者の誰もがこの図柄を知っているので、安心感を与えること間違いないです。


ポイント3

携帯電話への対応では、随一

2010年問題をクリアしているので、これから公開鍵を2048bitに変更(それまで対応できていた携帯サイトに対応しなくなる)する証明書と比較しても有利になってきます。すでに2048bitなので、近い将来的、携帯サイトへの対応で最も有利になるものと思われます。


ポイント4

共通鍵も256ビット

証明書では、最初に公開鍵で通信路を確立してから、速い共通鍵の暗号に切り替えて暗号化通信を行います。その際の強度が256ビットになっています。


ポイント5

1個のFQDN(コモンネーム)に複数台のサーバーがあっても、1個の証明書でまかなえる

証明書は、domain.comやwww.domain.com,sub.domain.comのように1個のFQDNに対して1個必要というのが原則ですが、Webサーバーを複数台用意(冗長構成)するなど、1 FQDNに複数のサーバーが対応する場合、サーバーの台数分だけ、証明書が必要です。セコムの証明書は、そのような場合でも1台でまかなえます。

※全て証明書のお申し込み受付は営業時間中に行わせて頂いております。
休日・時間外のお申し込みについては翌営業日の対応となりますのでご了承お願い致します。

SSLのお申込みはこちらからお問い合わせはこちら

セコムSSL証明書の価格一覧

  • 携帯サイトへの対応が重要な場合
  • 証明書を利用するFQDNが複数台構成の場合
  • 国産の証明書が欲しい方
SSL証明書 1年 お申込み
セコムパスポート for Web SR3.0 45,000円/年 お申込み

※記載の金額は全て税抜金額です。別途消費税がかかります。
※弊社の共用サーバー・専用サーバーをご利用のお客様は、
証明書費用とは別にIPアドレス費用が必要となる場合もございますので、
予めご了承くださいますようお願いいたします。

セコム証明書は、形式上3年間の扱い(途中年度での解約は可能)で、その間CSRの再度の提出は不要となっております。

※セコムの証明書の発行後のキャンセルは承っておりません。

SSLのお申込みはこちらからお問い合わせはこちら