スマホ対応率業界No1、圧倒的な認知度を誇るブランド

シマンテック シマンテック
Symantec SSL

サーバ証明書の申請手順

申し込み手順

ステップ1 申請フォームからお申し込み

お申し込みは、申請フォームよりお願いいたします。申請後すぐ到着するメールはお客様の注文内容を記載した自動返信メールです。後ほど改めて担当者よりお見積もり内容を記載したメールをお送りしますので、内容をご確認ください。申請内容に不備などあります場合はこのとき併せてお知らせいたします。不備・お間違いがなければ、申請作業に入らせて頂きます。

ステップ2 シマンテックによる企業実在確認

申請された内容と、ドメインの情報、企業情報などをシマンテックで審査いたします。必要書類の提出が必要となる場合は弊社よりその詳細をお知らせいたしますので、しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。
●主な確認項目は「ドメインのwhois登録情報と申請組織情報」「申請組織のお電話番号」「申請組織の企業実在情報」となります。
●実在認証についてはコチラ

矢印 申請組織について
第三者データベース(DUNS またはiタウンページ)で管理される商号または屋号が完全一致した場合、商号または屋号の使用権を確認します。
使用権の確認ができない場合は、登記上に登録されている商号/登記簿法人等番号/登記住所をお知らせいただいております。

矢印 ドメインの所有者名義と証明書の申請者情報が異なる場合

証明書利用アドレスのドメインの所有者名義と、証明書の申請者情報が異なります場合は、以下お手続きをお願い致します。
(1) WHOISのドメイン所有者を申請組織名にご変更下さい。

上記(1)WHOISのドメイン所有者を変更できない場合は、以下の(2)の方法でドメインの使用権限を確認します。

(2) E-mailによる確認

発行元からドメイン権限者のメールアドレス宛てにドメイン使用権限の確認メール(英文)が届きます。
確認メールに必要事項を入力して返信して下さい。

選択できるドメイン権限者のメールアドレスの一覧
・ WHOIS記載の所有者:Registrantのメールアドレス
・ WHOIS記載の管理担当者:Administrativeのメールアドレス
・ WHOIS記載の技術担当者:Technicalのメールアドレス
・ admin@ドメイン名
・ administrator@ドメイン名
・ webmaster@ドメイン名
・ hostmaster@ドメイン名
・ postmaster@ドメイン名

※ドメイン名は申請コモンネームに含まれるドメイン名

****入力必要箇所****

Full name:______________________________
Telephone number:______________________
Job title:______________________________

*************************

上記(2)E-mailによる確認ができない場合は、ドメイン登録者を変更して頂くか、以下の(3)の方法でドメインの使用権限を確認します。

(3) 意見書の提出
登録確認が可能な弁護士または公認会計士のみが作成できます。
※書類作成に関する費用はお客様負担となりますこと予めご了承ください。
必要書類は全て、新規・更新を問わず発行元判断により必要となる場合がございますのでご了承下さい。

矢印 実在確認詳細

DUNSまたはiタウンページで確認できる組織の代表電話番号に、発行元より申請内容について確認のお電話がございます。

代表電話番号が登録されていない場合は、事前にDUNSトまたはiタウンページにご住所と電話番号を登録して下さい。
ご登録いただいてから、発行元が確認できるようになるには、お時間を要します(※1ヶ月ほどかかる場合がございます)こと予めご了承ください。

代表電話番号が登録できない場合は、弁護士意見書を提出して頂く必要がございますので、よろしくお願い致します。

電話での組織実在確認の内容について
  • 証明書取得の意思確認
  • 申請責任担当者の実在確認

シマンテックの電話確認

シマンテックはDUNSまたはiタウンページに登録されている情報を元に、申請団体の代表電話番号を確認します。その後確認した番号に架電し、人事・総務部門 などに対して申請責任者の在籍(および連絡先)を確認します。人事・総務部門で確認した情報を元に申請責任者本人へ連絡し、申請の意思を確認します。(去年と担当が変わらない場合、在籍確認のみで終わることもございます)

ステップ3 証明書の発行

実在認証の完了後に証明書が発行されます。発行された証明書は弊社よりお渡ししますので、ご利用サーバへインストールをお願いいたします。証明書は必要書類確認後、目安として7-14営業日程度(更新の場合は、最短2~3営業日)での発行されます。なお、インストールの詳細はご利用の環境によって異なりますため、サーバ管理会社もしくは、サイト運営者にお尋ねください。

●証明書の再発行について

シマンテック 証明書の再発行には、発行費用が再度必要となります。新規取得時と同様に実在確認を行った後に証明書が発行されます。以下の場合には証明書の再発行が必要となりますので、ご希望の場合は弊社までサポートサイトよりご連絡ください。なお、再発行の手続きは、土日祝祭日を除く平日10:00~18:00の間に行わせていただいておりますため、休日中のご依頼については翌営業日のご対応となります。あらかじめご了承ください。

矢印 再発行が必要な場合
  • 秘密鍵(プライベートキー)の紛失または破損。その有効なバックアップを保管していない場合。
  • 運用中のサーバーの変更などにより、移行できない(証明書互換性のない)環境に変更する場合。
  • コモンネームが変更となる場合。
  • 社名・組織/団体名、またそれに関する情報が変更となる場合。
  •  ※下記、無償再発行期間を過ぎた場合には、有償(新規取得と同じ)での発行となります。
     その際、前回発行分の残余期間は加算されません。

矢印 初回発行から30日以内(当社手続上25日前)の再申請無償対応

上記のような再発行が必要なケースにおいては、初回発行から30日以内に限り、「再申請」の手続きによる無償での証明書再取得が可能です。(再発行 分の追加費用が無償となります)発行から 25日以内に弊社までご連絡ください。 再度の認証作業後、SSL証明書が発行されます。25日を経過した場合には、如何なる理由でも再申請を行うことはできませんのでご了承ください。※はじめに発行された証明書は発行から25日経過後に失効手続きを行わせていただきます。